スイカに対するミネラールWの施用効果

ミネラールWの使用方法例 

①元肥として全面施肥
 一般的な使用方法で、元肥を施す際に一緒に[ミネラールW]を施し土壌と混和します。
 効果:根張り・初期生育の充実・果実の肥大促進・苦土欠乏の予防
 
②畝への集中施肥
 畝を立てる部分に条施肥して畝を立てるか、畝を立てた後に条施肥する(軽く土壌と
 混和できるとより良い)方法です。
 植え替え栽培を行う場合には、定植後株元から10㎝程度離して表層施肥します。
 効果:根張り・初期生育の充実(全層施肥に比べて局所施肥のため効果は高い)

③待ち肥施肥
 定植予定部分から2~2.5m程度離れたところに[ミネラールW] を50㎝幅くらいで
 帯状に施し土壌と混和する方法です。
 効果:果実の肥大促進・苦土欠乏の予防(全層施肥に比べて局所施肥のため効果は高い)

④植替え栽培 二作目定植時株間施肥
 二期作を行う場合、二期作の定植を行う際に株間に[ミネラールW]を施す方法です。
 効果:一作目・・果実の充実・苦土欠乏予防
     二作目・・根張り・初期育成の充実
    (全層施肥に比べ局所施肥のため効果は高い)

施肥量についてはご相談ください。

 

   

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA